花嫁と花婿

日本人なら和婚で式を挙げよう|サービスも充実

思い出に残る海外挙式

海

ハワイにおける結婚式は、ハネムーンを兼ねられる点で人気となっています。また、親族のみを招待して、少人数で執り行う傾向があります。また、フォトスポットにも恵まれています。白い砂浜と青い海は、結婚式をより素敵な雰囲気に盛り上げます。

詳細

和の心を感じる式

和婚

福岡で神社挙式を行う神社を探す場合、間にウェディングプランナーを立てるのも良いでしょう。それにより必要な情報を得られます。神殿に多くの参列者を招きたい場合、神殿の規模が大きな神社で挙式しましょう。また神社のシーズンを考えることも大切です。

詳細

挙式用ムービーを撮ろう

ビデオフィルム

プロフィールビデオは、ウェディングシーンを盛り上げる演出効果があるとして、人気を得ます。こういったビデオは、専門の製作サービスに依頼して作るのが一般的です。ビデオのスタイルは多種多様で、取り上げるテーマも多岐に渡ります。

詳細

日本古来の結婚式

神前式

神前で落ち着いた挙式

近年、和婚の良さが見直されています。一時期は、チャペルウェディングを選択するカップルが圧倒的な割合を占めていました。しかし、ここ数年で神前式を希望するケースが目立っています。ゆえに、ブライダル情報誌やインターネットのコラムなどでも、和婚を紹介する機会が増加しています。それにともなって、神前の式場を増設する結婚式場も登場しています。和婚が好まれる理由は、少人数で厳かな挙式ができる点です。和婚の式場となる神殿には、基本的に親族のみが出席します。そのため、招待する人数が少なくて済みます。その結果、結婚式にかかる費用を削減できるメリットを有しています。また、式場によっては、数人の範囲で友人の立会いを許可していることもあります。

中高年の招待客に好印象

和婚は主に、年上の招待客に好まれることです。両親より年上の招待客は、自身の結婚式を和婚で執り行ったケースがほとんどです。そのため、彼らにとっては、若かりし頃を思い出すきっかけになります。よって、中高年の招待客の心をつかめるでしょう。和婚の衣装は、綿帽子や色打掛です。ウェディングドレスを諦めたくない人は、前撮りプランを活用します。披露宴を催す予定があるなら、その際にドレスに衣装チェンジできます。また、観光地として有名な神社や世界遺産に登録されている建物でも、挙式を実施しています。このような歴史深い神社は、強い守護の力を持っています。よって、新郎新婦はもちろん、招待客の前途を強力にサポートします。